· 

2019年9月開催セミナー報告

 

9月4日に、えひめ中央農業協働組合様にて『メンタルヘルスセルフケア研修』を実施しました。

8月から全5回開催し、合計で212名の皆さんにご参加いただきました。

所属長などの上司にあたる方を中心とした研修で、作業能力に問題のある傾向の職員の指導で苦労しているとの

声が聴けました。

セルフケアのポイントとして、相手よりも自分が変わることやコミュニケーションスキルを活用することに

関心が高まったようでした。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

9月11日に、愛媛県研修所にて『新規採用職員研修:ストレス対処法』を実施しました。

8月から全4回開催し、合計で252名の皆さんにご参加いただきました。

今回の新規採用職員向けの研修には、障がい者枠で採用された職員の方も参加されていました。

一人ひとり特性の違う皆さんへの研修から、講師として更にわかりやすい研修への工夫について考えさせられる

良い研修となりました。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

9月13日に、松山市保健所にて『こころとからだの健康づくり』講座を実施しました。

18名の皆さんにご参加いただきました。

今回は塚本高齢クラブ主催の健康講座で、桑原・道後の包括支援センターのサポートも受けての

「ゲートキーパー養成講座」として開催させていただきました。

参加者の皆さんは地域活動の中心的役割を担ってらっしゃる方々でしたので、周囲へのサポートやご自身の

こころの健康づくりに役立つ演習に熱心に参加してくださいました。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

9月13日・20日に、西条市にて

『ゲートキーパー養成講座~ゲートキーパーの役割とうつ病と自殺の関連~』を実施しました。

13日には10名、20日には15名の皆さんに参加いただきました。

ゲートキーパーとして周囲の人の自殺危険サインを見逃さないための研修をする中で、

参加者の方からは様々な質問もいただきました。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

9月25日に、

愛媛新聞社様にて『研修:ハラスメントのないいきいき職場づくりに』を実施しました。

15名の皆さんにご参加いただきました。

セルフケアもハラスメント予防も、リスク管理よりも職員がいきいきと働ける職場づくりという視点が

大切だということを強調して伝えました。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

9月27日に、

トラック協会 松山地区様にて運送事業者向けのメンタルヘルスワークを実施しました。

業界の高齢化や人手不足の問題を抱える現状でメンタル不調を防ぐための相手への声かけをワークとして

練習してもらいました。

終了後、担当者の方から「今日はいつもと終わったあとの雰囲気が違っていた」とコメントをいただきました。